住宅ローンが払えないとき、そのまま放置したらどうなる?


 住宅ローンを組んで、住宅を購入している場合には、その住宅には債権者の「抵当権」がついています。

 もし、住宅ローンの支払いができず、住宅ローンを滞納した状態を放置していれば、債権者は債権を回収するために、抵当権の実行をしてきますので、自宅は競売にかけられ、最終的には、自宅を出ていくことを余儀なくされてしまいます。


住宅ローンが支払えないとき、まず考えるべきことは?


 住宅ローンの支払いに行き詰まってしまったら(もしくは支払いに行き詰まってしまいそうになったら)、まずは、早い段階で今現在のローンの残高、そして今住んでいる住宅の資産価値を把握すること、そして、このまま住宅ローンを支払い続けていくことが得策なのかどうかを、慎重に検討する必要があります。


 ※住宅の現在の資産価値・売却価格について知りたい方は
 こちらからご相談ください。価格査定、任意売却に関することなど、ご相談は無料です。


なんとか支払いを続けられそうな場合


 様々な事情で一時的に収入が下がってしまうこと、ありますよね。まず、住宅ローンが支払えない原因が、一時的に収入が下がってしまったことを原因とする場合には、融資元の金融機関に相談し、返済計画の見直しをしてみるとよいでしょう。


 ボーナスが減額されて苦しいという場合には、ボーナス返済をなくしたり、短期的に収入が減っている場合には1年間だけ利息分のみの支払いにしてもらうなど、交渉が可能な場合があります。


 ただ、少し気をつけなければならないのが、ボーナス返済をなくすということは、他の月の返済分が増えることになりますし、1年間利息分のみの支払いをすると、その後の支払額は増えてしまいますので、結局、根本的な解決には足りないといったケースが多々あるということです。

 特に収入の回復の見込みがない場合には、問題を先送りにするだけとなってしまいます。

 問題を先送りしてしまったことで、滞納が続いてしまい、【任意売却】という選択肢すらとれないという状況になってしまうことは避けなければなりませんので、このまま返済が可能かどうかという点については、慎重に検討をしていく必要があります。


 なお、「銀行に任意売却についての相談をしたけれど無理と言われてしまいました・・・」というご相談をよくいただくのですが、銀行は基本的に任意売却に関してはノータッチです。


 ローンを支払えないのであれば、銀行としては、債権を債権回収会社に回して、回収に動くだけですので、銀行に対して任意売却の相談をしても全く意味がありません。
(銀行の中には、担当者によっては、「債務者のことを考えて任意売却でなんとか解決できないか?」ということで、当社の方にご相談いただくという、良心的な担当者がいるケースもありますが・・・稀なケースだと思います)


支払いを続けるのは難しい場合

アンダーローンの場合

 収入の減少が一時的なものではなく、収入の回復が見込めない場合には、ローンの残債と不動産の現在の価格を把握して、通常の売却方法で売却が可能かどうかということを考えていかなければなりません。


 ローンの残債が不動産の価格を下回っている「アンダーローン」の場合の状態で、「滞納が始まっていない限りは」、通常の売却という方法をとることが可能です。


 「滞納が始まっていない限りは」ということについてですが、もしすでに住宅ローンを滞納してしまっている場合には、滞納の期間にもよりますが、住宅ローンの債権は、銀行から債権回収会社へ譲渡されてしまっている可能性がありますので、この場合はたとえアンダーローンの状態であっても、通常の売却方法では売却することができませんので、【任意売却】の方法によることになります。


 通常は、滞納からおおよそ半年ほどで、通常は銀行は住宅ローンの回収を債権回収会社へ回してしまいます。
 そうなってくると、何の手立てもとらなければ、例えアンダーローンであっても、競売までのカウントダウンが進んでいってしまいます。


オーバーローンの場合

 現状が、ローンの残債が不動産の価格を上回っている「オーバーローン」であるという場合には、売却価格での不足分を自己資金等で補わない限り、不動産の売却を行うことはできませんので、【任意売却】によらない限りは競売になってしまいます。

オーバーローン、アンダーローンとは?


すでに督促状が届いてしまっている場合は


 最近では、ネット上にも情報が沢山ありますので、催促状や督促状が届いても、そのまま放置して最悪の状況である「競売」になってしまうというケースは少なくなってきているようにと思いますが、ネットに弱い世代の方や、ネット検索などできないような状況に追い込まれている方など、どうしてよいのかわからずに、督促状が届いているのにそのまま放置してしまう方も沢山いらっしゃいます。


 督促状が届いているのに、そのままの状態で放置してしまうと、時間の経過とともにとれる選択肢は限られ、最終的には競売となってしまいますので、なるべく早い段階で、【任意売却】に向けて動いた方が懸命です。

督促状が届いてしまったら、どうすればいい?


競売を避ける方法である【任意売却】について


 おそらくこのページを見ていらっしゃる方は、すでに【任意売却】について、ある程度ご存知の方かもしれません。


 【任意売却】とは、様々な事情で住宅ローン等の借入金が返済できなくなった場合に、銀行などの金融機関と話し合いをすることによって、「競売」を避ける形で不動産を処分(売却)していく方法です。


 「競売」も【任意売却】も不動産を処分して、住宅ローンから解放されるという点は代わりがないのですが、「競売」になるか【任意売却】という方法をとるかによって、その後の人生は大きく違ってきます。


 「競売」では、担保となっている土地や建物などの不動産が、裁判所を通じて強制的に売却されるため、裁判所によって決められた価格に異議を唱えることは基本的には困難です。

 また「競売」による売却によっても、債務が消えるわけではないので、自己破産をしない限りは残債を返済していかなければなりません。
 (このことは【任意売却】でも同じではありますが、【任意売却】の場合は、大抵の場合、債権者との話し合いで残債を大幅に圧縮できます)


 言うまでもありませんが、残債は少なければ少ないほど、人生の再スタートは切りやすくなりますし、仮に「競売」を経ても残債の返済が困難で「自己破産」ということになってしまえば、しばらくの間ローンを組むことは難しくなりますし、人生の再スタートを切る上で、大きな壁となってしまうことも考えられます。


 「競売」と【任意売却】の比較については、こちらのページで説明していますが、【任意売却】では、担保不動産を債権者の合意を得て通常の売却と同じ方法で売却します。


 つまり、【任意売却】では、主導権を持って市場価格に近い価格で不動産を売却できるため、「競売」に比べて残債は少なくなり、無理ない範囲で分割返済が可能になったり、周囲に知られずに売却できたりと、競売に比べて精神面でもメリットが大きい方法となります。


 ローンが返済できなくなってくると、その後の人生を悲観して、周囲にも相談できずに、一人で悩まれていらっしゃる方が大勢います。

 住宅ローンを滞納してしまったからといって、人生は終わりではありません。
 返済が厳しくても、「競売」を避けることによって、「自己破産」せずに、人生をリスタートすることは十分に可能ですし、実際に当社でリスタートをお手伝いさせていただいた方は沢山いらっしゃいます。


 それぞれに抱えている事情は異なりますが、現状を踏まえた上での最善の道を一緒に模索し、みなさまが、新たなスタートをきちんと切れるように、サポーターとしてバックアップさせていただきたいと思っております。


 当社では、常にご相談者のお気持ちを第一優先にということをモットーに仕事をしております。


 条件にもよりますが、リースバックといって、そのまま今の家に住み続ける方法をとることが可能なケースがあります。


 秘密厳守しておりますので、お一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。



【任意売却相談ドットコム】では、任意売却に関するご相談を随時受け付けております。お一人で悩まずにご相談ください。
ご相談は以下のフォームからお願いいたします。

【任意売却相談ドットコム】ご相談フォーム