mslifeさんの記事一覧(2 / 3ページ目)

離婚しても住宅ローンの残った家を売らないというのは得策なの?

離婚
離婚しても今の家に住み続けるのは得策か?!【横浜任意売却ドットコム】

離婚をする際に不動産を売却しないという選択をする方は少なくありませんが、離婚後に不動産に関してトラブルになった場合には、その他人である相手と話し合いをしていかなければならなず、場合によっては離婚時の話し合いよりも、話し合いをすること自体が難しい状況になってしまうので注意が必要です。

競売(けいばい)になってしまった場合の流れは?

任意売却一般
競売の流れ【横浜任意売却ドットコム】

競売(けいばい)とは、債務者から債権の返済を受けらなくなった債権者(保証会社など)が、債務者が所有する不動産などを裁判所の管理下で強制的に売却して、その売却代金から債務の支払いを受ける手続きのことです。 ここでは、競売の流れと、競売にかけられた場合の取り下げ方法、任意売却が可能な最終時期についてご説明したいと思います。

督促状が届いてしまいました。どうしたらいいでしょうか?

任意売却一般
督促状とは?【横浜任意売却ドットコム】

督促状が届いたからといって、すぐに競売が開始されてしまうわけではありません。 ただ、督促状が届いて、そのまま何の手も打たずに放置し続ければ、競売は避けられません。 ここでは、ローンを滞納した場合、競売開始までに届く書類について時系列とともに、ご説明したいと思います。

任意売却後の自己破産?【自己破産のメリットとデメリット】

任意売却一般

任意売却と自己破産はセットではありません。 債権者に対して誠意ある対応をすることができれば、少額の返済であっても、債権者に納得してもらえるケースも多く、任意売却をした方の多くは、残債を圧縮してもらった上で無理のない範囲で返済を続けながら、生活を立て直していらっしゃいます。 ここでは、自己破産のメリットとデメリットについてご説明したいと思います。

任意売却したことを周囲に内緒にできますか?

任意売却一般

競売でもっとも負担となるのは、精神的なストレスです。特に小さいお子さんがいらっしゃる場合など、周囲の目は気になるところだと思います。 任意売却の場合は、競売とは違い、通常の不動産売買と同じ手続きをとるため、はたから見れば、単なる引越しに見えますので、手続きの上で個人情報が他人に漏れてしまうことはありませんのでご安心ください。

ページの先頭へ