売却した自宅にそのまま住み続ける方法【リースバック】について

ご相談の際に、家を手放したくない、住み続けたいというご要望がある場合、まずはそれが可能かどうかということを検討します。
ここでは、「リースバック」と「親子間売買」についてご説明します。